少しでも長くトレーニングするには

筋肉トレーニングも一人でなんの音もないところで行うよりも、誰かと一緒に音楽なんかを聴きながら行うと楽しく行えるものです。

音楽の力は本当にすごいものがあります。
集中力を高める効果はもちろんのこと、人を興奮させてくれますから、力も実はより出すことができるのです。

調査によりますと、同じ運動をするにも音楽を聴きながら行うほうが、より長時間行うことができるということです。
持久力が上がっているということになります。

ですから、筋肉トレーニングを行う際には音楽を必ず聞きながら行いたいものです。
ただし、普通に聞くよりも、少し工夫した方が、効果が上がるでしょう。

例えば、部屋で普通に音楽を流すのでは、部屋の雑音も聞こえてきますよね。
それで、ヘッドホンなどで聴きながらトレーニングを行うと、より集中力を高めることができます。

また、一曲好きな曲を流してその曲が終わるまで、1セット筋肉トレーニングを行うなんて目標を立てても面白いかもしれません。

この方法で、確実にトレーニング時間を延ばすことができるでしょう。

お腹ポッコリを解消

腹筋を割る前に、おなかがポッコリと出てきてしまっている、この下腹の部分を何とかしなくては、と感じている人は多くいます。

聞いた話によりますと、下腹をぐっとへこませることができなくなってしまうことがあるのだそうです。
単に太っただけでなく、息を吐いて、力でおなかをへこませることができないのです。

皆さんはできますか?

意外にできない人が、多いみたいです。

えー信じられない!
なんて感じたのなら、あなたは健康です。

でも、実は下腹の筋肉が衰えると、へこませることすらできなくなるのです。

腹筋を付けることで、これを解消できますが、もっと簡単な方法から始めても良いでしょう

お腹をぐっとへこませてみてください。
できないようなら、手で助けてぐっとへこませます。

一番凹んだと思うその姿勢を数秒間キープします。
これを10回、20回行います


数日間試すだけでお腹ポッコリをある程度解消できるのです。
とても簡単な方法です!!

汗を流して腹筋トレーニングする気にならないけど、これくらいならだれにでもできるかもしれません。

腹筋の筋肉量は低い

余談ですが、痩せたい、出てきたお腹を凹ませたいと思って腹筋を鍛えることってありますよね。
しかし、実はそんな目的を実現させたい時のトレーニングは、腹筋ではないのです。

もう少し消費エネルギーの多い運動をするほうが良いのです。
例えば、スクワットなどのほうが良いでしょう。

腹筋の筋力はどんなに鍛えても、それほど大きくなるわけではありません。
つまり、消費カロリーへの影響が少ないのです。

むしろ、足の筋肉などを重点的に鍛えるほうがより効果があるでしょう。

つまりは、筋肉量が求められる場所の筋肉を鍛える事こそ、痩せるために必要なことなのです。
そのために腹筋はあまり用をなしません。

腹筋で基礎代謝は大して増やすことができないと言われています。
でも腹筋は体の非常に重要な筋力で、健康な体には欠かすことのできない部分です。

また、見た目もとてもよいですよね。
他の部分にいくら筋力がたくさんあっても、お腹ブヨブヨでは、なかなか魅力がありません・・・。

ですから、痩せる!という絶対に到達したい目的があれば、腹筋ではない筋肉を鍛えたほうがいいようです。
中年太りのおなかは、腹筋ではへこませることはできない?

中年になると・・・・

腹筋を付けたいと思ってはいるのですが、なかなか意志が弱くて困ります。
今日も、こうブログを書いている瞬間にも夜食を食べたいなと思い出しました。

最近夕食の時間を早くしてみています。
早く食べると、体が深夜しっかり休むことができて、健康的かなと。

しかし、夕方早い時間に食事をとると、おなかがすいてしまいます。
ちょうど、この時間22時30分におなかがすきだすように感じます。

腹筋を鍛える運動をしてはいるのですが、なかなか腹筋が出てきてくれません。

理由は、夜食の食べ過ぎ。
もう一つは、腹筋運動の回数かもしれません。

なんとなく、モチベーションが下がっていて、回数も減ってきています。
前は、20回は絶対に行っていたのですが、最近ではそこまでやらずにやめてしまう日が多くなりました。

予想以上に腹筋出すのに苦戦しています。

これも、中年に差し掛かっているからかもしれません。
老化とは強力な敵ですね。

中年太りのおなかは、腹筋ではへこませることはできない?

中年太りになってしまった場合、腹筋は効果ない?

おなかが出て、中年太りになってしまっても、腹筋をすればすぐにへこむ!
そんな風に思っている方多くないですか?

実は、そう簡単におなかの肉を減らせません。

おなかについてしまっているのは、脂肪です。
ですから、おなかをへこませるには、脂肪を燃焼する必要があるのです。

腹筋は、脂肪を燃焼することはできません。
脂肪燃焼をするのなら、有酸素運動。

つまりウォーキング、ジョギングなどです。
もちろん、並行し腹筋をすることは効果があります。

ただし、脂肪燃焼のために有酸素運動をしていなければ、肉はなくなりません。
ですから、組み合わせてトレーニングするのが良いかもです。

忙しくて、そんなことできないようでしたら、ウォーキングだけでも行うようにしましょう。

 

脂肪燃焼ならヤーマンの加圧エクサパンツがおススメです!

 

腹筋がつきだしました。

オーソドックスな腹筋トレーニングを軽く行う毎日を送り出して2週間くらいたったでしょうか。

少しずつ効果が表れてきました。

まだムキムキ割れてはいませんが、脂肪の奥に硬い筋肉があるのが分かります。

本当に簡単な腹筋トレーニングを毎日1分、2分行うだけなのに、効果が出てきたので喜んでいます。

つまり、腹筋を割りたいと思うなら、続けることが一番大切だということです。

続ければ、誰でも腹筋を割ることができるのです。

最初は1週間と思ってやりだしましたが、さすがに1週間では効果は期待できませんでした。

数ヶ月続ければ、確実に目に見える効果を期待できそうです。

もう一度私の腹筋運動を紹介しておきます。

テレビを見ながら、足を上げて腹筋運動。

20回は必ずします。

それをできれば、暇だなと思ったときに、何セットか行うようにしています。

簡単でしょ?

これくらいでしたら、何の負担にもなりません。

誰にでもできます。
ただし、続けること!!!

筋肉を作りやすい体を実現する

筋肉をつけようと思う場合、食べ物もとても重要になってきます。
筋肉がつきやすい食べ物というものがあります。

つきにくいものを食べてトレーニングしても、成果がなかなか出ません。

それで、食べ物にも気をつけていきましょう。

たんぱく質は必ず取ります。
牛肉のももやひれ、豚肉の同じくももやひれ、鶏肉の皮以外、特にささみ。
魚にもたんぱく質が豊富に含まれています。
卵もいいですが、黄身は食べ過ぎないようにします。
チーズ、無脂肪ヨーグルトや牛乳、納豆、えび、いかなどです。

たんぱく質を一日120gは取るといいという記事も読んだことがあります。

どんなたんぱく質も筋肉を作るうえで大切な役目を果たしていますが、同じものばかりを食べますと栄養素が偏りますから、いろいろなものをたくさん食べるようにするといいとか。

いろいろなバリエーションを考えて料理しましょう。
栄養素をうまく取り入れることで、筋肉を作りやすい体を実現させることができます。